MZ-80B/2000エミュレータ関係

本ページはSHARP MZ-2000という1980年代に発売されたパソコンのハードウェアエミュレータである EmuZ-2000(既に開発が中断されてます)の 後継とも言えるEmuZ-2000 TF-EDITION(改良、サポート終了しましたが、改良復活)を 使って個人的に楽しむ自己満足ページです。ツールは使えそうでしたら使ってみてください。

MZ-2000は最初に手に入れたパソコンです。アルバイトやお小遣いを貯めて展示中古を購入しました。 拡張ユニットとG-RAMが2ページ分(本当は3ページ入ってるという話だったけど実際は違ってた。 その代り、拡張ユニット内にプリンタI/Fが入ってたのは内緒)がついて当時10万くらいで買ったのかな。 (おまけで、PC-1210、PC-1245というポケコンを貰ったのを思い出した。80B/2000のソフト類も結構貰いました) 後にG-RAMの残り1ページ分を買うのに苦労しました。購入するときは既に下火になり、世の中はPC-8801が主流で、2000はソフトも 出ないからやめたほうがいいと言われておりました…。 ハイドライドとかプレイしてた時はRGB出力をテレビへ繋ぐ奴を入手して テレビに繋いで何とかしのぎました。その後、QuickDiskを雑誌の売ります・買いますコーナーで 譲ってもらいましたが、すぐに中古の5インチフロッピーディスクドライブを入手してあまり使ってなかった。 フロッピーディスクはS-OSで活躍しましたが、しばらくしてテープのピンチローラーが溶け、マシンはお蔵入りに。 約6年(プラス、購入前の3年)くらい使ったマシンでした。